あのコの夢を見たんです

【あのコの夢を見たんです】第2話は恋つづそっくり?!芳根京子

この記事は、「あのコの夢を見たんです」の第2話が恋つづそっくりかどうかについて書いています。

ドラマ24 第60弾特別企画 として、「あのコの夢を見たんです。」がドラマでスタートすることが決定しました!!!

初回は、2020年10月2日(金)深夜0時12分スタートとなり、放送日が近づいてくるにつれて話題となっています♪

原作は、南海キャンディーズの山ちゃんこと山里良太さんの『山里亮太短編妄想小説集 あのコの夢を見たんです。』となっていて、原作も話題になっています。

そこで今回は「あのコの夢を見たんです」のあらすじやキャストさんについて調べてみました♪

あのコの夢を見たんです第2話のキャストは?

全体のあらすじとしては、南海キャンディーズの山里さんが、実在する人気女優やアイドル、モデルたちのイメージから創作した短編小説集を原作としており、お笑い芸人である山里亮太さんが、ネタ作りのために喫茶店に入るところから始まります。

しかし、喫茶店の中で繰り広げられる様々な出来事に集中できず、イライラ感が一気に募ってきます。

そこで山里さんは、ネタ作りを後回しにしておもむろにノートを開き、実在する女優やアイドル、モデルをイメージした小説を書き始めました。

この小説が、まさに旬ともいえる女優やアイドル、モデルをヒロインにした山里の妄想物語が幕を開けるきっかけとなったのです。

そしてこのドラマのすごいところは、全員が小説通りの本人役で出演すること!

唯一山里さんは、仲野太賀さんが務める事になりました(笑)

出演する女優陣は、中条あやみ、芳根京子、森七菜、飯豊まりえ、大原櫻子、山本舞香、大友花恋、白石聖、鞘師里保、池田エライザ!!

この深夜枠のドラマとしては豪華すぎる女優陣!!

このネーミングをみただけでも、ドラマが楽しみになってきました!

あのコの夢を見たんです第2話のあらすじは恋つづそっくり?!

発表された女優の順番でみてみると、おそらく2話は芳根京子さん出演の「そして伝説へ…」と考えられます。

そしてこの話のあらすじとしては、

世界を支配した魔王が滅ぼされてから、30年後。

現役を引退した光の騎士の一人・山里と共に診療所で働いているナース。

魔王が復活したという知らせが届き…ひょんなことから芳根京子は勇者になってしまう。

というもの。

あれ?あれれ?

「魔王」「勇者」「ナース」、、、

白石さんと佐藤健さんが出演し、女子たちがキュンキュンした恋はつづくよどこまでもで聞いたことあるー!!!

内容は全然違うものかもしれませんが、ちょっと期待してしまいますね(笑)

今回の出演に際し、芳根京子さんは、

『まだデューして間もない頃にいただいて、飛び跳ねるほど嬉しかった記憶があります。今回、この企画に参加できると聞き、頑張ってきて良かったなという気持ちと未知の世界に飛び込むワクワク感がありました! 内容も期待を裏切らないぶっ飛び方で、どんな空気感で、衣装はどんな感じで、どうやって撮るんだろうと楽しみでした。誰かに必要とされることでつく自信というものを、学生時代に経験したことがあります。なので重なるものを感じた作品でした。本当に笑顔が絶えない現場で、改めてこういう作品って素敵だなぁと何度も思いました。何も考えず、純粋な気持ちで楽しんで観ていただけたら幸いです!』

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/anoyume/

と語っています。

あらすじからしても結構ぶっとんでいる内容なのかもしれません(笑)

あのコの夢を見たんです第2話は山里亮太の妄想

小説の「あのコの夢を見たんです」自体がすべて山里さんの妄想で作られています。

そのため2話だけでなく全編通して妄想(笑)

ただ、このドラマが開始され、女優さんたちが次々と本人役で出演してくれることが決まり、原作者の山里さんは

「なんでこんなすごいことになってるの!? これだけの女優さんが一つの作品に集まってくれることってあるの!? しばらくパニックでした……。そして、今でも何で引き受けてくれたのか、正直はっきりとは分かっていませんが、ただひたすらにありがたいということばかりです」

引用:https://www.tv-tokyo.co.jp/anoyume/

と驚いていたそう。

確かに、こんなに豪華な女優さんたちが、妄想通り本人役で出演してくれるとなれば、、、本当にうれしいでしょうね♪

あのコの夢を見たんです第2話は恋つづそっくりのオマージュ

いかがでしたでしょうか?

内容は詳しくはわかりませんが、「魔王」「ナース」「勇者」など、恋つづであったフレーズも多いので、関係しているのかもしれませんね。

小説通りの女優さんたちの配役にはびっくりですが、より一層楽しめそうなので、楽しみに待ちましょう♪