ビジネスの思考法

人生を豊かにするための思考法を手にするために読むべき1冊

仕事や人生において意思決定を迫られる場面ってよく出くわしますよね。

A案で攻めるべきかそれともB案で守りに入るべきか。

家賃がもったいないからマンションを買うべきか、それとも先々のリスクを考えて賃貸に留めておくべきか。

いづれにしても、自分の思考が決断を左右します。

そのため、その思考法がしっかり定まっていないとなかなか答えが出せず、ただただ時間だけが過ぎてしまい「決められない人」のレッテルが貼られてしまう恐れも。。

今回ご紹介する本は、そんな悩みを解決するときにピッタリ!

『超一流が実践する思考法を世界中から集めて一冊にまとめてみた』

超一流が実践する思考法とは

ある物事について考えるとき、手掛かりを探す段階で様々な概念がでてきます。

この概念のフレームワークをメンタルモデルというそうです。行動のイメージだとか。そういわれるとわかりやすいですよね。

ある出来事が起きた時、どう行動するか。

身近なことでいえば、朝起きたら会社に遅刻しそう。さてどうする?この行動で、今後遅刻しそうだったらこう行動するというメンタルモデルが作られます。

このメンタルモデルをたくさん身につけることで(有効なものに限る)超思考法で仕事や人生の問題を解決できる!というわけです。

そのメンタルモデルがこの本ではたくさん紹介されているんですね。

ちょっとタイトルだけ挙げると

  1. 「選択」の思考法
  2. 「結果を想定する」ための思考法
  3. 「タイムマネジメント」の思考法
  4. 「変化に適応する」ための思考法
  5. 「数学や統計」に騙されないために
  6. 「意思決定」の思考法
  7. 「対立に対処する」ための思考法
  8. 「潜在能力」を解き放つための思考法
  9. 「市場支配力」を行使するための思考法

確かにこれだけの思考法が自分のものになれば、どんな状況に対峙することになっても、引き出しから思考法を取り出して理路整然と解決に導けると思います。

巻末にはメンタルモデルの索引が掲載されているので、今使えるメンタルモデルはどれだろう、と簡単に答えを見つけることができます。

これってありがたいですよね。というのも、たくさんの思考法があるため、読み終わったあとにどこかで読んだけどなんだっけな、と思ってしまうからです。

『超一流が実践する思考法』書籍情報

この本の著者は夫婦です。普段から人生や仕事、時事問題について語り合っているそう。

そこでの思考回路が似ている、というところからこの本ができあがったそうです。

著者 ガブリエル・ワインバーグ&ローレン・マッキャン

  • ガブリエル・ワインバーグ
    インターネットプライバシー企業でプライベート検索エンジンの、ダックダックゴーを立ち上げた創業者兼CEO。ダックダックゴーってこの本を読むまで知らなかったのですが、Googleクロームのような検索エンジンで、プライバシー保護に優れているそうです。
    検索履歴も残らないそうで、プライベート重視のようですね。

    スマホでも、iPhoneではサファリから、アンドロイドでは専用アプリをダウンロードすることにより、ダックダックゴーを使うことができます。

  • ローレン・マッキャン
    統計学者、研究者。10年近く勤務した成約大手グラクソスミスクラインで治験のデザインと分析を担当

訳者 小浜杳

東京大学英語英米文化学科卒業。書籍翻訳以外にも映画翻訳も手掛け、翻訳は『サーティーナイン・クルーズ』シリーズなど

出版情報

SBCreative株式会社

2020年4月初版

定価 1,800円+税

まとめ

いかがでしたでしょうか。

この本を読めば、たいていの悩みは自分で解決できるのではないかと思いました。

わたしが一番興味をもったのは『「潜在能力」を解き放つための思考法』でした。

投資の神様と呼ばれているウォーレン・バフェット氏の潜在能力についての言葉が2018年発売のforbesに載っていました。

誰しも潜在能力はあるとのこと。それを引き出して、人生をより良く豊かにしていきたいですね。